借りたお金が返せなくなったところに給与が没収されて真っ青になりました!!

わたしは現在北海道で派遣会社から紹介されたところとして交代制で働いていますが、交代勤務でも月給は思ったほどもらえる訳ではありません。派遣にはボーナスもない状況で、生まれつき障害を抱えている母親の日常生活の世話をしていることもあり、ひと月の出費は普通の家庭よりかかってしまうのですがこればかりは仕方ありません。今より稼ぐことができる職場を見つけたくて求人誌をチェックしてはいるのですが、このままの給料ではとうてい食べるのがやっとでギリギリなこともあり、少しずつサラ金の借り入れ額も嵩んでいました。

借金の返済がとうとう数か月滞っていた時に、いきなり、派遣会社から給与債権が差押えられたと電話連絡が入ったのです。担当者から話をでは、カード会社が差押えをあったので、僕に給与を振込むことができないので、供託をなるとの言われたのでした。貰えるはずの給料が貰えないと聞かされたショックもありですが、自分の借金を返せずにいる苦しい状況を派遣会社にも知られたのも本当にショックで言葉が出ませんでした。

その時派遣会社のスタッフが借金を解決するんだったらと差し伸べてくれたのが、弁護士にこの状況を相談して来いとアドバイスされたたのです。ぼくもホームページなどで探した後に問い合わせをしたのですが、そのとき紹介してされた弁護士の方は債務整理を専門的に対応されている法律事務所に在籍の方でした。紹介してくださった弁護士の先生にこれらの問題について相談すると、債務整理の手続きをすれば返済額を減らすことが出来る提案されました。資産状況から自己破産裁判所へ申請して、同時廃止の申し立てを行い、差し押さえがストップされて、抱えていた借金の精神的負担からも抜け出せるされて、前向きに生活の立て直しができるとのこと。私は免責される期間に働くことが制限される仕事ではありませんのと、派遣元にも僕がお金に四苦八苦しているのはわかっていましたので、ぼくは自己破産についての正式な手続きを弁護士さんにお願いしました。競馬等で生活費の浪費が止まらないわけではなかったので、自分が思うよりすんなり認められました。6ヶ月以上破産申請が下りない人も少なくないとのことですが、弁護士の先生のフォローのお蔭で、約2ヶ月半のあいだで破産がくだりました。

毎月の返済に苦慮することがなくなった上に、いつも通りの生活やお給料はそのままを確保できますので、前向きな気持ちでリスタートできます。5年間は、キャッシングローンを借りたりは出来ないのですが、それより、ローンで返済できないなんて可能性もなくなりになりました。悩むよりもまずさっさと債務整理の相談を法律事務所に話すればよかったと思い反省ました。