借金の対策により払い過ぎた分が返ってきた自分の事例について

過払い金と法律専門のオフィスについてのわたくしの体験した事です。負債の対策の一つの手段の払い過ぎた分を請求できるということは、近頃方々でCMなされているために存じ上げていたのです。自分自身も数年前までは、25%くらいの利子で借り入れを使用し続けて来てしまったので、それ相当の払いすぎた金額を要求していくことができるのに違いないと思っていたんですが、どうやって色んな手続きを実行したらいいか分からなかったために断念していました。ですけれども、友の一人がとある法律を専門とするオフィスを通じ過払いしたお金を払いもどしていただく事ができたことを知り、自分自身もインターネットで法律を専門としている事務室を見つけだし過払い金請求を実施してみることになったんですよ。

私が見付けた法律事業所の場合では、最初にどのくらい債務が抱え込んでいたのかと言う事を綿密に説明をしました。そうすると、おおよそ5年を超える年月にわたり借金を償還してきたけれども、そちらの一部はお金を払いすぎている可能性が存在することが分かりました。この法律専門オフィスだと月当たりに1000件以上の過払い金の督促を実行しているために、自分自身もお金が償却されて可能性があるという見通しが出てきました。法律専門の事務所の人々のお言葉によると、半分半分位のパーセンテージですけれども、努力して頂きますという話でした。

最終的には、自身の場合だと手数料を引いて、20万円近くの払いすぎた分が返還される事になったのです。このことはラッキーでした。更に、この20万を残存の借金に充てていくことによって、借金のトータルの金額を随分減少させる事が出来ましたよ。債務のトータルが減少していくと、金利分もあたりまえに目減りするんで、月毎の返還義務がほんの少し楽になりましたね。

諦めてしまっていた過払い分の請求なんですが、断念してしまうともったいないと言う事が出した答えですね。法律専門の事務室の人のお話では、5年のあいだにわたり債務を償却し続けている人は、過払い分ができている見通しが高いという事でした。こうした借金のいろいろな問題に関しては、対処していくことが十分に可能となるのですよ。お一人だけでお悩みになっているのは何とももったいないので、弁護士や司法書士等法律分野の専門家に対して質問してみて下さい。