僕の中で何より辛かった取り立てを中止させることが出来ました!

借金で一番怖い 経験だった取り立てをストップした僕の話です。自分は大手企業の工場の派遣なのですが、1年の収入は190万円ほどしかありません。1か月の給料は約15万円ほどしか入ってこないので、部屋代や光熱費、食費に通信費を充てると、毎回ギリギリの収入です。こういうこともあって、本当にお金がいる場合に限って個人ローンから借入をしばらく繰り返していました。いくらかでも利息負担を少なくしたいので、カードを作った最初の融資で約ひと月無利息キャッシングというカード会社を片っ端から僕は借りていってしまいました。月々の収入があまり多くないといったことで、各1社に対しての借り入れ額はだいたい10万円程にやめていますが、ですが、目下、原資にして60万円になり、それまでの利息を含めると100万円近い借入金に上ってしまい、1か月毎のカード返済額も40000円ほどで、返すことが困難な状態にしまったんです。

現在借りいれのある金融業者は全部で6社になります。これらの業者から返済をせまる主旨のはがきや電話での請求が、しょっちゅう入っていたので、返すことが出来ない私が悪いのだとわかっているけれどいいかげんうんざりして頭を抱えていました。準夜勤を終えてからすぐに、ケータイをチェックしてみると山ほど着信履歴が届いて、その間にスマホの毎月の料金も払えなくなり繋がらないと、仕事場にまでやって来るカードローン業者もちらほらのです。これが続けば困ってしまい、司法書士事務所へ今の僕の事情を相談し、自己破産の措置をすることにしたのです。そして。僕の借金について司法書士が受忍通知を債権者へ出してから、1社たりとも家や会社への押しかけを収まり のです。夢ではないかと疑うくらいにピタッとおさまって落ち着きを取り戻せるようになってきました。

それが解消され、ぼくは救いで、今後の返済方法や、どうやり繰りしていったらベストなのかを納得できるまで向き合う日々を持つことが出来ました。そうしている間、司法書士が1社ごとに負債返済の掛け合いをしていただき、金利の縮小による、キャッシングローン返済額の減額の案をまとめてくださってのです。お陰様で月々の返済額は二分の一にダウン出来て、いろいろあったけれど何とか生きる意欲をついてなりました。これだけ急速に生活が変えることが出来るのなら、もっと早めに司法書士事務所にとにかく相談に行けば良かったととても強く思いました。ローン問題は、とにかく行動していくことでクリア出来るのです!ぜひ法律事務所や地元の司法書士に問い合わせしてみることをおすすめします。