民事再生という選択肢は住宅のためのローンを含めた多重債務に悩む人々を対象として、

民事再生という選択肢は住宅のためのローンを含めた多重債務に悩む人々を対象として、住居を維持したまま経済的に立ち直るための公の機関を通した債務圧縮の手段として平成12年11月にはじまったルールです。  

この法律には、破産申告とは違って免責不許可事由がなく散財などで借金した場合においても手続きは選択可能ですし破産申請により業務禁止になる業界で収入を得ている場合等でも民事再生はできます。  

自己破産制度では住んでいるマンションを対象外にすることは無理ですし、任意整理や特定調停などでも元金自体は返済していかなければなりませんので住宅ローンなども払いながら返していくのは実際のところ簡単なことではないでしょう。  

とはいえ、民事再生を採用することができれば、マンション等のローンを除いた負債は相当な金額をカットすることも可能ですので余裕を持ちつつマンション等のローンを支払いつつ残った借入金を返済していくようにできるということになります。  

とはいえ、民事再生による整理は任意整理と特定調停などと違い一部の負債を除き手続きしていくことは考えられませんし自己破産の場合のように負債自体が帳消しになるのでもありません。  

さらには、これとは別の選択肢と比べて手続きの方法がこみいっていて時間もかかりますのでマンション等のローンを持っていてマイホームを維持したいような状況等を除いて破産宣告などそれ以外の整理ができない時だけの最後に考える手段と考えた方がいいでしょう。