民事再生という選択肢は住宅ローン等を含め複数の債務に悩んでいるひとをターゲットに

民事再生という選択肢は住宅ローン等を含め複数の債務に悩んでいるひとをターゲットにマイホームを維持しつつも金銭管理の面で立ち直っていくための法的な機関による謝金の整理の処理方法として平成12年11月にスタートした法律です。

この法律には、破産のように免責不許可となる要素がないので賭博などで債務が増えたような場合においても民事再生手続きは可能ですし自己破産をすることで業務できなくなる可能性のあるポストで生計を立てているような人でも制度の利用が検討可能です。

破産宣告では、マイホームを残しておくことは考えられませんし特定調停と任意整理では、圧縮した元金を支払っていかなくてはなりませんので、住宅のためのローンも返しながら支払い続けるのは多くの場合には簡単なことではないでしょう。

とはいえ、民事再生という方法を採用できれば住宅のためのローンを除いた負債額はけっこうな負債を圧縮することも可能ですのである程度余裕に住宅ローンなどを支払いながら残りのローンを支払い続けることもできるということになります。

といっても、民事再生という選択は任意整理と特定調停といった手続きと異なって一部の借り入れだけを切り取って手続きしていくことはできませんし破産申請におけるように元金が帳消しになるわけではありません。

さらには、そのほかの解決策に比べ若干簡単には進まず時間が必要ですので、住宅ローン等があり住居を手放せない場合等以外で、破産宣告などのそれ以外の選択肢がない時の最後の手段と考えた方がいいでしょう。