特定調停という手段も任意整理による処理と同じく、各債権を持つものに対して借金の支

特定調停という手段も任意整理による処理と同じく、各債権を持つものに対して借金の支払いを継続していくことを選ぶ借金を整理していく手だてなのです。

言い換えるなら裁判所が関係する借金の整理ということができます。

この特定調停という方法も先の方法と同じく自己破産と違い一部分の負債のみを整理していくことになりますので他の保証人が関係している契約を別として手続きしていく際や住宅ローンの分を別として整理したい場合等も活用することも可能ですし、全ての財産を処分してしまうことは必要とされていないので土地などの自分名義の財産を保有していて手放したくない場合などでも活用できる借金整理の方法になります。

ただ、手続きを取った後返済が必要となる額と実際の所得額を検討して、適切に完済が見通せるようであれば特定調停による手続きで進めることに問題ありませんが自己破産とは違い返済義務自体がなくなってしまうわけではありませんので、負債の量が多い場合などは現実問題として方法を取るのは困難だということになるでしょう。

さらに、この特定調停は裁判所という機関が間に入ってくるので司法書士事務所などに頼まなくても立場が弱くなってしまうことがないという点とか処理のための金額を節約できるという良いところはあるのですが債権者それぞれのきびしい催促に債務者本人が回答することになることに加え、実際の裁判所に何回も足を運ぶことが必要になるといった注意が必要な点もあります。

なお、任意による整理と比べてのことですが調停が終わる段階で同意が得られないような時は借入利息を全部含めた形で払っていかなければならないという点や結果的にはお金の貸し手に対し支払っていく合計が任意整理による手続きの場合と比べて高くなる場合が多いというような留意点もあります。