破産の手続きを実行したとしても公的機関などから家庭に直々に電話がかかるといったこ

破産の手続きを実行したとしても公的機関などから家庭に直々に電話がかかるといったことは考えにくいと言えます。     
という訳ですから、近親者には気付かれてしまい自己破産の手続きができる可能性もあります。     
ただ現実を見ると自己破産を申し立てるときに公的機関から一緒に住む両親や兄弟などの給料を証明する書類や銀行の通帳の複製などの書類資料の届出を余儀なくされるというといったことがありますし、債権を持つ会社から家族へ連絡がいくといったこともありますので家族や親類にばれずに自己破産できるという確証はまずないといえます。     親族に隠して後になって露見してしまうことに比較すると下手なことはしないで誠実に打ち明けて全員が一丸となって自己破産の申立てを実行する方がよいでしょう。     なお異なった場所に住む親族に関しては、自己破産申立てを実行したのが明らかになってしまうようなことは心配する必要はないと理解してください。     

夫(妻)の賠償義務を滅することを主眼として離婚届の提出を計画する早まったカップルもいるとのことですが実際は夫婦だと書類で認められていも法律的には(連帯)保証人という身分にならないならば法的な支払い義務は発生しません。     
ですが、(連帯)保証の名義人になっている場合はもし別れることをしても民法上の義務は残存するので法律上の支払い義務があります。     

つまり離縁することを行ったとしても債務の支払義務が失効するといったことは考えられません。     
あるいはしばしば貸し手が債務を負った人の親族に支払いの催促を実行してしまうような場合もありますが保証人または連帯保証人ではないのであれば子供と親あるいは兄弟姉妹などという類いの近親者間の返済義務について借り主以外の家族に法律の上では支払い義務はないのです。     

それ以前に、消費者ローンが法的な支払義務背負っていない家族や親族の人などに対して請求を実行することは貸金業規制法を参照する上での政府機関の営業取り決め内で禁じられているため、支払請求の方法によっては貸金業関係の法律の請求の規則に背くことにもなります。     

なので支払い義務がないにも関わらず借り主の家族が催促を不当に受けてしまったというならば債権を持つ会社に支払請求を直ちにやめるよう警告する内容証明の郵便を出すのがよいでしょう。     

しばしば、自己破産申請者のことがとても可哀想でならないからと思って借りた人以外の親族が借入金を代理となって返済してしまうようなこともありますが借入者本人がそれに自立の心を忘れて持続的に多額の借金を反復することが多いのです。     
ですから借り手本人の事情を考慮すれば厳しいかもしれませんが借り手本人の力でお金を弁済させていくかそういったことが無理であれば破産申請を行わせた方が借入者本人の今後の生活をまっとうするためには良いとは言えないでしょうか。