破産をする人でローンにあたってその保証人が存在する場合は、前もって連絡しておいた

破産をする人でローンにあたってその保証人が存在する場合は、前もって連絡しておいたほうが無難です。ここで、改めてお勧めしますが保証人がいるときは、自己破産手続き前によくよく考えた方がいいでしょう。というのはみなさんが破産宣告をしてOKが出れば、保証人があなたの返済義務をみな支払う必要が生じるからです。なので、破産の前段階でそれらの内容とか現在の状況を報告しつつ、謝罪をしなくてはいけないでしょう。これは保証人になるひとの立場から見ると当たり前のことです。友人等のあなたが破産申告することによって、強制的に返済義務が回ってくるわけです。そうすると、そのあとのその保証人の選ぶ道は4つあります。一つめは保証人となる人が「すべて払う」という手段です。保証人がそれら多くの金額をポンと支払うことができるカネを用意していればこの方法を取ることができます。

でもその場合は自分で破産宣告せずに保証人自身にお金を貸してもらって、今後はあなたの保証人に毎月返済するということもできるのではないでしょうか。保証人がもしあなた自身と良い関係にあるのであれば、ある程度返金期間を延ばしてもらうこともありえます。いっぽういっしょに返済が不可能な場合でも業者側も相談すれば分割支払いに応じてくれるかもしれません。その保証人にも破産手続き行われると債権が一円も弁済されない可能性があるからです。保証してくれる人がその返済額を全部背負う経済力がなければ、借金した同じようにどれかの負債の整理を選択しなけばなりません。2つめは「任意整理をする」処理です。この方法を取る場合貸金業者と話すことによって、3~5年の年月で完済していく形になります。この問題で弁護士に依頼するときの相場は1社につきおよそ4万円。7社からの借金があるなら28万必要になります。確かに貸した側との示談は自分でしてしまうことも不可能ではないですがこの分野の経験と知識がない素人だと債権者が自分たちにとって有利な条件を用意してくるので、注意が必要です。

くわえて、任意整理をするということは保証人である人にカネを立て替えてもらうわけですから、借りた本人は長くかかるとしても保証人に返していく必要があるでしょう。続いて3つめはあなたの保証人も借金した人と同様「破産する」という選択肢です。債権者と同じく破産宣告すれば保証人となる人の返済義務もチャラになります。ただし、保証人である人が株式などを持っているならば価値のあるものを没収されますし、司法書士等の職業についているのであるならば影響を受けてしまいます。その場合、個人再生という処理を利用できます。では4つめですが「個人再生をする」ことです。住宅等の不動産を処分せず借金の整理を行う場合や破産申し立てでは資格に影響する仕事に従事している場合に有効なのが個人再生制度による整理です。この処理の場合、自宅は処分が求められませんし破産の場合のような職種にかかる制限、資格制限がありません。