破産許諾がおりた場合に、どういう種類の不利益がありうるのかは破産申請を考慮した人

破産許諾がおりた場合に、どういう種類の不利益がありうるのかは破産申請を考慮した人にとって最初に得ておきたい情報だと考えられます。

ここで自己破産認定者にもたらされる損害についての内容を箇条形式にしておこうと思います。

・地方公共団体の破産者の名簿に書かれます。

※本人証明を作るための書類なので一般人は入手することができないし免責の決定がされれば消去されます。

・官報に公開される。

※普通の新聞とは違って通常の書籍店には置いてありませんし、普通の人には関係性のないことだと考えられます。

・公法上での資格制限。

※破産者になった場合弁護士、司法書士、税理士などといったような有資格者は失格になって実務をすることができなくなります。

・私法上における資格制限。

※破産者は後見人、保証人、遺言執行役となることができません。

他にも合名の会社、合資企業の労働者および株式形式の会社、有限の会社の監査担当の場合は退任根拠になってしまいます。

・カードローンやクレジット機能を使用することが認められません。

加えて、破産管財人が入る事件には以下の制限もあります。

・破産者自身の資産を好きに保持、廃棄することができなくなります。

・貸主団体の呼び出しがあると必要な弁明をせまられます。

・認可をもらわずに住む場所の転居や大型の遠征をすることは許されません。

・司法が必要と許したケースには本人が保護されるケースもありうるのです。

・配達品は破産管財を行う者に送られることになり、破産管財を行う者は配達物を開封権限があります。

他にも、破産した方の損失の一般人に誤認されている要点を列挙形式にします。

1戸籍および住民票では記述されません。

2組織は破産を理由として退職をせまることはできないです。

※原則として、当人から言葉にしないかぎり他人に気づかれることはありません。

3投票権や選挙に立候補する権利などの権限はそのままです。

4保証人ではないなら、家族には返済責任などはありません。

5最小限毎日の生活に欠くことのできない家財道具(パソコン、TVを含め)着るものなどは差し押さえされません。

破産した人の困難をリストアップしました。

破産申請をする場合は返済義務はチャラになるとはいえども、上記のデメリットが避けられません。

考える上で、効果も損失真面目に探求した方がよいです。