自己破産というものを行ったとしても裁判所から近親者にダイレクトに電話がかかるとい

自己破産というものを行ったとしても裁判所から近親者にダイレクトに電話がかかるといった類いのことは考えられません。なので、家庭には秘密が明らかになってしまわないように破産の申告が不可能とは申しません。ですが実際には、自己破産を申し込む際に裁判所から同居親類の所得を記した証書や金融機関の通帳の複写物等の資料の提供を余儀なくされるというといったことがありますし、金融会社から家庭へ通知が来る場合もままありますから、親族に明らかにならないように自己破産手続きが実行することが可能だという100%の保証は得られないと考えられます。無理に内緒にして後になってから知られてしまいことに比べれば、偽らずに本当のことを話して家族皆が協力し合って自己破産申請を克服する方がよいでしょう。しかし、違う場所に住んでいる親族の人が、破産の手続きをしたのが気付かれてしまうことは心配する必要はないと理解して問題ありません。夫あるいは妻の支払義務を失くすことを目的として婚姻関係の解消を考えるカップルもいらっしゃるとのことですが実は、たとえ夫婦である場合でも自分が(連帯)保証人にならない限りにおいて法律的な支払い強制力は発生しません。ただし、書類上の連帯保証人という立場身を置いている際は離婚届の提出を実行したとしても義務は引き続き本人が負わなければいけないので法的な支払い義務があります。だから離婚を行ったことさえすれば債務の法律上の支払い義務が解消するなどということは認められないのです。あるいは、現実として借りたところが借り主の家族に支払いの請求をすることもありますが、保証人や連帯保証人になっていないならば親と子供ないしは姉と妹といった近親者間の借入金などについて本人以外の家庭の人に民法において支払い義務はあり得ません。実際は、支払に対する強制力背負っていない家族の人などに向けて催促をするのは貸金業関係の法律における行政府の営業基準で制限されているため支払いの請求の仕方により貸金業関係の法律の取立てのガイドラインにたがうことにもなります。それを真に受ければ、支払い義務を持っていないにもかかわらず借り主の家庭が催促を受けたというならば、消費者ローンに対して支払いの督促を直ちに停止するよう通告する内容証明を出すのがよいでしょう。往々にして、自己破産申請者本人がとても可愛そうでならないからと考えてしまったために借り主以外の家族や親族が借入金を肩代わりして返済してしまうような話も聞きますが債務者本人が恵まれた境遇に他力本願になって持続的に借金のトラブルを繰り返してしまうことがよくあります。なので、借り手本人の立場で考慮すれば非情かもしれませんが借金を持つ本人努力で借金を返させるか、自力での更生が不可能ならば破産申請をさせる方が本人のこれからのためになると言えるでしょう。