週刊誌の宣伝チラシ、ゴシップ紙、電柱に見られる宣伝やダイレクトメールなどで、「借

週刊誌の宣伝チラシ、ゴシップ紙、電柱に見られる宣伝やダイレクトメールなどで、「借金の効率化いたします」「債務を一本化したいと思ったら」という内容の売り文句を閲覧することがありませんか。

こういったものは、「整頓屋」「買取専門人」「紹介者」という名称の会社のおとり広告の場合があるのです。

そういったものを利用した場合は自己破産申請手順の中で一番重要な免責承認を受けられないパターンもあります。

「整頓屋」はビラなどで債務者を集め相当な手数料をもらって債務整頓をしますが現実には債務整理はなされず、依頼者はもっと借金地獄に落ちることがほとんどと考えてください。

「買取専門屋」の場合、借金者のローンで電化製品、コンサートの券を限界まで仕入れさせ負債者から購入した商品を販売額の1割~額面半額で受け取るという手法が知られています。

債務者はその瞬間は金銭が得られますがまもなくカード企業経由の商品の支払いが届き、結局は借金を増大させる結末で終わります。

この場合、クレジット会社へ詐欺であるということになって免責をもらえません。

「紹介業者」では、人気のサラ金から断られる負債者について、直接的な金貸しはしないで、提供を可能な違う貸し手を呼んで、高い手数料を請求する企業です。

専門的な経由で資金提供できたというように説明しますが、実際は何もしないままただ調査の甘めの企業を伝えているというだけです。

この場合だと本当は債務額を増大させることになります。